都議選、自民党ボロ負けは当然の結果

私は都民ではありませんが、今回の都議選は地方に住む者にとっても面白い選挙でした。都民ファーストの会が議席を大量に獲得できたわけですが、これは自民が自滅しただけで、積極的選択で勝てたものでは決してないということでしょう。小池都知事にはそこの所は謙虚に受け取ってほしいですね。

最近の自民党の目に余る暴言の数々や失態は、権力を手にしたものが陥ってしまう驕りや油断というほかはないと思います。権力の中枢にいる人には、国民の声がだんだんと聞こえなくなってくるのでしょうか。議員の人たちは皆さんかなりの高学歴の方々ばかりなのでしょうが、今の事態を見ていると「バカなのか?」と思ってしまうことばかりです。民心が分からない、自分が気に入らないことに対しては徹底的に叩く。思わず「子どもか!」と怒鳴りたくなるほどです。国民としてホントに情けないです。

歴史的な大敗ということで、ここまでボロ負けしてしまうと、さすがにすぐに総選挙ということにはならないでしょうが、今総選挙になったらどんな結果になるのだろうかという興味は凄くありますね。ただ残念なことに自民党の代わりとしての受け皿がない状態の今、どの政党に入れたらいいのやらという国民のジレンマもあると思います。その意味では今回の都議選で、民進党は自民党以上に痛手を受けたかもしれませんね。お気の毒ですが、もはや党として存在する意味もなくなってきたのではと思ってしまいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントの入力は終了しました。